外壁リホームの優良業者を選ぶ簡単な方法

外壁 リホーム

外壁の塗装 リホーム

外壁 リフォーム

外壁 修理

外壁 修復

外壁 リホーム 価格

外壁塗装 リホーム

 

外壁のリホームは10年おきに行うのが理想的と言われています。
しかし、結構な費用がかかるので腰が重くなりますね。まだ大丈夫・・・と先延ばしにしていませんか?

 

外壁と外壁をつなぐコーキングは経年劣化によりやがてボロボロになります。
ここから雨水が入り込むと家の内部にカビが発生したり、腐食したりと家のゆがみの原因にもなります。
だからこそ、定期的なメンテナンスが必要なのです。

 

分譲マンションであれば管理会社が何年かに1回補修を行うように手配しますが、個人宅になりますと自分ですべて行わなければなりません。
外壁のリホームは壁にヒビがないから大丈夫、まだ汚れていないから大丈夫〜と先延ばししすぎないでくださいね。

 

最近多いのが訪問業者によるリホームのトラブルです。
外から見てそろそろ外壁塗装の時期だなと感じた業者は、無料診断しますといって家に上り込み、不安をあおって必要のないリフォームを勧めるというトラブルです。

 

悪徳業者に騙されないようにするには、優良業者の探し方を知っておくことが重要です。
オススメは、屋根と外壁塗装の優良業者紹介サービスです。

 

外壁 リホーム 相場

 

ここで紹介される塗装業者は厳しい基準をクリアしなければならず、悪徳な業者は排除される仕組みになっています。
第3者が間に入ることで、直接は聞きにくいことも聞くことが出来ます。

 

こちらではあなたのリホームの希望に応じられる塗装業者をいくつかピックアップして紹介してくれます。
自分で見積もりを取った場合は、断りの連絡等も自分で行わなければなりませんが、ここでは必要ありません。
複数の塗装業者から見積もり出れば、相場や最安値の業者を探すのも簡単ですね。

 

まずは、簡単入力からあなた自身の外壁リホームの相場を調べてみませんか?

 

 

外壁リホームの日程

 

外壁リホームの工程

 

外壁のリホームにはいくつかの工程があります。
沢山ある分、2〜3日で終わる簡単な仕事ではないのがわかるかと思います。
まずはどんな作業内容があるのか知っておいてくださいね。

 

@足場を組み立てる
A高圧洗浄で壁の汚れを落とす
B下地(ヒビや割れなど)の処理と調整
C養生(色を塗らない部分の保護のこと)をする
D下塗り
E中塗り
F上塗り
G仕上がりの最終確認を行う
H足場の解体と清掃

 

このように1つ1つに労力と時間がかかるため、大体1〜2週間の期間がかかります。

 

ちょっと長い気もしますが、しっかり乾いてから次の作業をしなければなりませんので、仕方がないのです。
雨の多い時期は予定をオーバーすることも多々あります。
しかし高額な費用をかけて行うので、丁寧な仕事のほうが大事ですね。

 

実は外壁のリホームは一生で何回しか行いませんので、実はごまかされやすいというデメリットがあります。
工程を把握していないと3回塗るはずの塗料が2回で終わりにされてしまうなど、不利なことがあり得ます。

 

ですから作業の状況はできるだけ自分の目で確認しましょう。